« ラオス旅行 美樹ちゃんの写真編 | トップページ | ラオス旅行6日目 タイ経由 完結編 »

2010年2月27日 (土)

ラオス旅行6日目 サバナケート 染織体験編

201001laos_187

こんばんは。
[ yumizu ]坂田です。

今回の私たちのラオス旅行の大きな目的の一つが、
ラオスで布を作っている工房を訪ねることでした。
ここは、私たちをラオスに連れてきてくださったMさんが、
ラオスの布の復興を手がけられた場所です。

201001laos_306

元は縫製工場だったこの工房を、
Mさんご夫妻の情熱と努力により現在は、
立派な布地のメーカーに成長したそです。
この場所では、糸の染織と縫製が行われており、
織りは先にご紹介した郊外の村で行われています。

この工房についての詳細は
Mさんのホームページをご覧ください→ 

ここで、私たちも染織に挑戦しました。

201001laos_340

201001laos_330

工房の奥にある染め場には、藍瓶がたくさん並んでいました。

201001laos_326
201001laos_332

藍ってなんて美しいのでしょう!
思わずカメラのシャッターを連打してしまいました。

Img_4185_2

工房には色とりどりに染め上げられた糸がずらり!
私たちは糸ではなく、白い布を染めさせていただきました。
何色に染めようかな~。

201001laos_315

染料はもちろん、全て天然の草木です。
ピンクに染めるには、カイガラムシの分泌物、
もっと赤く染めるには、スオウを使うそうです。

Img_4195 

これはタイコクタン。黒く染まります。

201001laos_346

藍瓶に布を浸します。真剣な美樹ちゃん。

Img_4231

染めの最中でもしっかりカメラ目線の眞理ちゃん。

Img_4230

へっぴり腰の私が手にしているのは、
スオウだったかしら?

201001laos_451

1色に絞ることができず、
最終的には4枚の布を染めました。
深緑、濃い黄色、赤、そして紫。
紫はまず藍で染めたものを赤い色に再度染めることで、
紫色になります。なるほどなー。

染めた布は、日本に持ち帰ってから
何度も水洗いして色落ちを落ち着かせました。
私はこの布で自分用のまえかけを作ろうと思います。

201001laos_459

この見事な絞り染めは、今回の旅行をご一緒したマダムの作品。
大学の社会人コースで絞り染めを学んでおられます。

201001laos_461

倉庫のような部屋をのぞくと、
染める前の白い糸がどっさり!
手紡ぎのとても美しい糸です。

染めを堪能した後おいしい中華料理をいただき、
後ろ髪をひかれつつ、帰路につきました。

|

« ラオス旅行 美樹ちゃんの写真編 | トップページ | ラオス旅行6日目 タイ経由 完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラオス旅行 美樹ちゃんの写真編 | トップページ | ラオス旅行6日目 タイ経由 完結編 »