« 馬耳西風 in Laos | トップページ | ラオス旅行1日目 ビエンチャン ホテル編 »

2010年2月 7日 (日)

ラオスをちょびっと。

Map

こんばんは。
[ yumizu ]坂田です。

「ラオスに行くの。」と話すと、
「ラオスってどこにあるんやったっけ?」と、よくたずねられました。
中には「ラオスって、南米の国やんね。」なんて人も。

私自身、今回の旅行までは、
ラオスといえば北部のレンテン族という少数民族のことぐらいしか、
知りませんでした。

そこで、ちょびっとラオスをご紹介します。

ラオスはタイの北東部に位置し、
タイ、ベトナム、中国、カンボジア、ミャンマーの五ヶ国と
国境を接する内陸国です。
正式名を、ラオス人民民主主義共和国といいますが、
社会主義の国です。
日本の本州と同じくらいの面積で、
人口は560万人の多民族国家です。


201001laos_085_2

ラオスは経済的にはとても貧しい国ですので、
橋や道路、公共の建物はほとんどが外国の援助によって
建設されています。

タイとの国境に流れるメコン川や美しい山々は
ラオスの宝物であるはずですが、
近年急速な外国資本の参入により、
美しい自然やのどかな暮らしが消えつつあるそうで、
旅行者の勝手な思いではあるのでしょうが、
とても残念に思いました。

201001laos_036

私たちが最初にたどり着いた首都ビエンチャンは、
日本の地方の県庁所在地といった雰囲気で、
過去にフランスの統治下にあったことから、
洋風の建物も少なくありません。

201001laos_024

街での主要な交通手段は、トゥクトゥクという
オートバイの後ろに座席が付いたようなタクシーです。
一人5000キープ(約50円)で乗れます。
ラオスにはバイクがとても多いのですが、
皆、あまりスピードを出さず音も静かにパタパタと
おとなしく走っているのが印象的でした。

ビエンチャンでの、楽しくおいしい3日間のご報告は、次回に。

|

« 馬耳西風 in Laos | トップページ | ラオス旅行1日目 ビエンチャン ホテル編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬耳西風 in Laos | トップページ | ラオス旅行1日目 ビエンチャン ホテル編 »