青馬窯

2011年9月28日 (水)

朽ちる土(土の記憶)

こんにちは。

青馬窯銭本です。

相棒の朽ちる布に続き、
私の土のほうも少しづつ完成してきましたので
朽ち美展を前にちょこっとお披露目。。


Rimg0416

Rimg0417_4


Rimg0420

Rimg0421_2

命あるものでも、道具としてのものでも。。。
ものは朽ちたら「土に戻る」とよく表現されます。

命を全うし、土に戻る美しさをとどめられたら、
と挑戦してみた”土の記憶”です。

その儚さと繊細さを、
より伝えられるように、土壌になる土の部分は泡を立て
メレンゲのようなテキスチャにしました。
その上や中に、土にもどっていく素材を閉じ込め、
長い時間かけてゆっくり乾燥させ、
高温で焼き固めたら、
それは二度とカタチをかえない、
永遠のカタチとなりました。

普段、食器を作っている私ですが、

今回の展示会では、今まで使っていた
素材の意外な可能性を見いだすことができたように思います。


| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

朽ちていく。

こんばんは。
青馬窯銭本です。

10月7日から開催されるグループ展。
何だかいつもの作品とは違うな、と感じられた方!
そうです、今回私たちが挑戦するテーマはコレ!

「朽ちていくもの」

私もここのところ、
土の持つ、朽ちていく美しさはなんだろう。。。
と頭を悩ませています。

アホな頭を使うより、まず土と遊んでみよう!

。。。。ということで、

Rimg0298
こんなことしたり。。

Rimg0300
こんなことしたり。。

Rimg0301
こんなことしてます。

同じ土でも、水分をコントロールすることで様々なテキスチャが生まれてきます。

朽ちていく、その最後の瞬間の美しさを焼き固めたい!
陶芸家としての醍醐味です。
今回は新しい挑戦がイロイロできそう。

楽しみです。

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

制作中。

Rimg0295


Rimg0294


10月のグループ展。
花、消しゴム、布、土を扱う作家が、
ある一つのテーマに添って作品を制作します。

土を扱う私は、グニョグニョ、アワアワ、虫食い。。
そんなテイストのものを作ってます。

今日の写真はグニョグニョ。。
まだ土のままですので、これから焼いてオモシロいテイストに仕上げます!

| | コメント (2)

2011年8月 5日 (金)

馬耳西風 at 倉敷 クラフト&ギャラリー幹

お久しぶりです!
青馬窯銭本です。

新しくmacになって使い慣れていなくて、
こちらの写真アップに戸惑っていたらグダグダ、、、
とーってもご無沙汰となってしまいました。。

相棒!ごめんない。。。

今日は、展示の全体を。

今回展示の中心となったのは、
相棒が参加した倉敷フィールドオブクラフトでも大活躍だった、この箱。

201106004
まずは箱のレイアウトから開始です。

展示のイメージは、
「遊牧民が荷解きをしている感じ」
201106048
二人の作品を真ん中に。。

201106021
左手に坂田さんのまえかけのコーナー

201106018
そして右手に銭本の器のコーナー

ギャラリー幹さんのガラス張りのエントランスから差し込む光が
優しく作品を包み込んでくれていました。

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

うら、おもて。

Rimg0695_4

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」by 岡本太郎。

「器のうらに模様があってもいいじゃないか!」by 銭本眞理。

氏と並べるとは。。あつかましくて、すんません。

| | コメント (1)

2011年5月28日 (土)

はいるもの

こんばんは。青馬窯銭本です。
相棒の作ってくれたかわいい「いれもの」もはいるもの、
答えは....
20110206minitsubo_003_3

いろんな形の小さな壷です。
袋には、壷と同じ色のボタンもつきます。

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

いれもの

1106fukuro_009

こんばんは。
[ yumizu ]坂田です。

この入れ物、まだ完成形ではありませんが…。

さて、いったい中に何をいれると思いますか?

楽しみです。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

青い器

こんばんは。青馬窯銭本です。
今回の展示会は初夏の開催となりました。
土のもので涼しさを感じていただける色は何かしら?
考えた結果、今回の新作はこんな質感に仕上がりました。

Rimg0634_3

私の中で夏の色といえばブルー。窯の名前にも青を使っているほど青い色が大好きです。
青銅のようなこのお皿、40cmほどの長皿です。

| | コメント (2)

2011年2月13日 (日)

原始的な器

Frasco2010_024

こんばんは。青馬窯銭本です。

「ずーっと、ブログがもんじゃだねー」と
いうお声をちらほらいただいておりました。
単に私のオサボリでございます。すみません。

さて、年末のフラスコでの展示会で出展してました、
新作の器のご紹介。

原始的なフォルムをもつこの器。
種を真っ二つに割ったような形をしています。
私自身はシリアルやカレーを入れていますが、

お客さまからは玄関に木の実などをいれて、インテリアに
使うという意見も。

展示会では私の思いもよらない器の使い方の
ご提案をいただけるのも楽しみのひとつです。
いろんな想像を掻き立てる器は長く愛されるもの
に成長していくような気がします。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

馬耳西風の夢

こんにちは。青馬窯銭本です。

「馬耳西風の夢」
・・・なんだか、これからの仕事のビジョンを熱く語りそうなタイトルですが。。。

実際に私たちが見た、初夢(たぶん)のお話。

まずは私、銭本の夢。
左手に夫婦岩の見える湾で坂田さんと、
坂田さんの娘さんと私の3人で穏やかな海を見ていたら、
赤から紫のグラデーションの美しい見事なご来光が上ってきました。
それをみたとたん誰がいったか、
「折角、伊勢にきて(どうやら伊勢だったようです)
こんなきれいな朝日をみたんやから、
お伊勢さんの方向に拝まないと!」と
3人でそれぞれの願いを込めて合掌。
その後旅館に行くのですが、
なぜがその旅館、どこの部屋を開けても
トイレ。。。トイレ。。トイレ。。しかない旅館。
「でもきれいな海が見えるからええやん」と宿泊する。
といったもの。

そして坂田さんの夢。
全面ガラス張りの巨大な飛行物体が、
ものすごい低空飛行で坂田さんのほうに飛んできて
「わー!!あれはいったいナニ?!!」とひとりで見ていたら、
飛んできたその物体はそのまま地面に落下。
周りが大騒ぎになっているところへ、同じものがもう一機飛んできて、
今度は坂田さんのすぐ目の前に「ドスン!」と
落ちて地面にめり込んで煙を上げた、というもの。

美しいご来光(吉夢)←→トイレ?????

未確認飛行物体(吉夢)←→落ちる????

いい夢なのか、悪いのか・・・、私たちらしい、とんだ落ちのある初夢。

答えは今年の馬耳西風の動向をご覧ください。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[ yumizu ] | 全般 | 青馬窯