« ウェブマガジン更新 | トップページ | 絵本とワッフル »

2006年10月23日 (月)

若冲と江戸絵画

061022kyotojpg_003

こんばんは。

昨日の日曜日、
京都国立近代美術館へ
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」展へ、家族3人で行ってきました。

プライスコレクションとは、
アメリカ人ジョン・プライス氏が収集した江戸絵画のコレクションです。
当時、日本ではまだその価値を認められていなかった
伊藤若冲や曽我しょう白の作品の魅力にとりつかれたプライス氏は、
以降、円山応挙や琳派、その他の江戸風俗画など、
多数の江戸絵画をコレクションしました。

中でも、プライス氏が建築家のフランク・ロイド・ライト氏のナビゲートにより
初めて出逢って手に入れた、若冲の、葡萄を描いたかけじくは、
葡萄の枝と実が、見事なバランスでレイアウトされ、
私でさえ、一目見て気に入ってしまいました(笑)

若冲に限らず、江戸の絵画には、
虎や象や鶴などの動物がたくさん描かれています。
虎にいたっては、
当然のことながら実物を見て描くことができなかったため、
中国から渡来した絵画や、虎の毛皮を参考に
画家たちが推測して描いているので、
どことなーく、奇妙でユーモラスな虎に仕上がっていておもしろかったです。

普段は、記念にポストカードを2~3枚買うだけなのですが、
今回ばかりは、気に入った絵がたくさんあったので、
久しぶりに図録も買ってしまいました。

展覧会では、こども用の音声ガイド機のレンタルもあるので、
小さなこどもでも楽しめます。
うちの娘も、ガイドのイヤホンを耳に、一点一点とても熱心に見入っておりました。

帰りに、どこかで夕食をと、三条界隈へ。
夫が、店の前のメニューを読んで、「ここならおいしいかも…。」と、
試しに入ったビストロが、大当たり!!
まったく、うちの夫の、おいしいものを探しあてる勘の鋭さには、おてあげです。

お店が暗すぎて、写真が撮れなかったのが残念でしたが、
豚のパテや、サーモンのサラダ、牛舌の赤ワイン煮など、
締めくくりのデザートまで、どれもこれも全部絶品でした!
そして、どれもみなボリューム満点なのが、
いかにもビストロらしくて、センスがあります。
家族3人でワシワシ、ガッツリ平らげました。
その上、お値段はとってもリーズナブルで感激!
ランチもあるそうなので、今度はお昼に行ってみようっと。

こんなお店を見つけて、また京都へ行くことが多くなりそうです。


ビストロ・ボンモルソー
 京都市中京区寺町通錦小路上ル円福寺前町274
 075・212・8851




そんなわけで…
本日の鯛脂肪率…31%

|

« ウェブマガジン更新 | トップページ | 絵本とワッフル »

コメント

奈津子さんこんばんは。

ご指摘、まことにごもっともで、反省しきり。
にもかかわらず、今日はワッフル食べました。

投稿: yumizu | 2006年10月24日 (火) 22:13

ボンモルソー、覚えとこう。すごく良さそうですね。場所も使える!
で、「そんなわけで…」なんて言い訳してるけどさ、ダメじゃん、増えてるよ。めったにコメント入れないけど私はいつもジーッと薄字をチェックしてるよ。←ちょっと怖いね

投稿: 奈津子 | 2006年10月24日 (火) 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェブマガジン更新 | トップページ | 絵本とワッフル »