« ウールヘンプのショール | トップページ | 松山秀太郎ペーパークラフト展 »

2012年9月 7日 (金)

舶来

Beigialpaca_20

こんばんは。

秋冬物のショール用の生地です。
今回は、舶来物です!
アルマーニやバレンチノといったイタリアのハイブランドで
使われた生地のデッドストックを入手しましした。

上の写真(↑)は、薄手のアルパカ100%。
一見したところニットのようですが、
実は織物というところが気に入りました。

Mohair_29
コチラ(↑)は、モヘアとアルパカの混紡布。
モヘアのタータンチェックって大好きです。

Reversible_14

そしてコチラ(↑)は羊毛とアルパカの混紡の圧縮ウール。
紺と茶のリバーシブルです。
圧縮ウールは切りっぱなしで使えるので
仕上がりが軽やかになるところが好みです。

ショールは、多くの種類の生地を少しずつ買うことができますし、
まえかけでは使えないような繊細な素材を使えるので、
生地の仕入れがとても楽しいです。

写真の生地はそれぞれショール2着分ずつの在庫があります。
ご希望の方はご予約を承りますので、おはやめに。


毎日40分歩いて見つけた風景

|

« ウールヘンプのショール | トップページ | 松山秀太郎ペーパークラフト展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウールヘンプのショール | トップページ | 松山秀太郎ペーパークラフト展 »