« NUMBER SUGAR | トップページ | 折りびな »

2016年2月12日 (金)

レイパ

160212leipa

おはようございます。

京都に、フィンランドのパンを売るめずらしいお店がありまして、
娘が留学中に慣れ親しんだ味を買ってきました。

リング状のパンはハパンレイパ。
ライ麦のすっぱい風味のパンです。
温めてバターを塗って、チーズをのせていただくと
とてもおいしいです。

写真下の不思議な形のパンは
カリアランピーラッカといいます。
真ん中の黄色い部分はお米とチーズのリゾットのような
もので、日本人にはなんとも微妙な味に感じますが、
娘曰く、慣れると美味しい、そうです(笑)

カリアランピーラッカは
フィンランドの代表的な食べ物のひとつのようで、
国立民族学博物館にも展示されています(笑)

ちなみに、
フィンランドでは、
これらの甘くない食事用のパンを レイパ と言うのに対して、
シナモンロールのような甘いパンを プッラ と言い、
両者は全くの別物として区別されています。
おもしろいですね。

|

« NUMBER SUGAR | トップページ | 折りびな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NUMBER SUGAR | トップページ | 折りびな »